離婚後も名字(苗字)そのまま変えたくない場合

離婚の際に称していた氏を称する届

離婚後も苗字を元へ戻さず、使い続けたい場合は「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届」を、協議の場合は提出日(同時も可)、調停・認諾・和解は成立日、審判・判決は確定日から、3ヵ月以内に出す必要があります

※期間の計算は、翌日から3か月後の日の前日が、期間満了です。

離婚の際に称していた氏を称する届の用紙とダウンロード

市区町村役場の他、ダウンロードで印刷したものでも大丈夫です(場所により、ダメな場合もあるようです)。印刷はA4サイズでと、決まっています。

>>離婚の際に称していた氏を称する届ダウンロード用紙PDF

>>書き方の見本PDF

離婚の際に称していた氏を称する届の提出先

届出人の本籍地、又は所在地の市区町村役場(出張所も可)。

所在地となっている為、一時的に滞在している場所や、旅行先だろうと、提出先は全国どこでも大丈夫。365日(夜間や休日も可)いつでも提出出来ます

離婚の際に称していた氏を称する届の書き方

届け出る日の日付
離婚届を出す届出日を記入します。

氏名、生年月日

本籍地、筆頭者氏名


変更前(現在)、変更後(婚姻中の氏)

離婚年月日

離婚の際に称していた氏を称した後の本籍、筆頭者

届出人署名・押印
変更前の氏名を書きます。

Copyright 離婚届の書き方と提出先、離婚届の必要書類
無断転載、無断コピー等一切を禁止します