離婚後の子供の苗字(名字)変更

子の氏の変更許可申立

離婚によって婚姻前の苗字に戻る場合、子供の苗字は婚姻時のままので、変えて同じ戸籍にしたい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更の申立」を行います。

許可を受けてから、審判書謄本(家庭裁判所で発行)と合わせて、提出しましょう。

子の氏の変更許可申立と手続き方法

届出人
子(15歳未満の場合は、法定代理人)
※未成年の場合で法定代理人が親権者の場合、親権が無い方は申立出来ません

申立先
子の住所地(住民登録があるところ)の家庭裁判所
※複数の子が申し立てる場合は、1人の住所地を管轄する家庭裁判所

子の氏の変更許可申立の必要書類

変更許可申立書
>>変更許可申立書 ダウンロード用紙PDF

>>書き方の見本(15歳未満)PDF

>>書き方の見本(15歳以上)PDF

戸籍謄本
申立人の戸籍謄本(全部事項証明書)
父・母の戸籍謄本(全部事項証明書)
※父母の離婚の場合、離婚の記載のあるものが必要(転籍等をすれば消せるので)

1人につき、収入印紙800円分

連絡用の切手代

※審理の為に必要な場合、追加書類の提出をお願いされる事も。

子の氏の変更許可が出たら

家庭裁判所が発行する、審判の謄本を添え、入籍届と一緒に提出します。

Copyright 離婚届の書き方と提出先、離婚届の必要書類
無断転載、無断コピー等一切を禁止します