離婚届 書き方

離婚届の書き方と訂正の仕方

書き間違えた時は、修正液を使わず二本線で消し、そのそばに正しい文字を書き入れます。

そして欄外に(指定する欄があればそこに)、○字訂正、○字加入、○字削除を書き入れ、届出人に使ったのと同じ印を押します。証人の欄の訂正も同様です。

離婚届の書き方

届け出る日の日付
離婚届を出す届出日を記入します。

夫と妻の氏名、生年月日
夫と妻それぞれの氏名を、戸籍に記載されている漢字で記入します。

住所
住民票に記載されている住所を記入します(申請日現在の場所)。

本籍地と筆頭者
現在の本籍地と筆頭者(戸籍の最初に記載されている人)の氏名。
(外国籍の方は、国籍だけ記入)

筆頭者の父母の氏名
父母が婚姻している場合は、母の名字は書かず、名前だけで構いません。

離婚している場合は、それぞれの氏名を書きます。すでに死亡している場合も、記入が必要です。

続き柄
長男・長女は『 長 』と記入し、次男次女は『 二 』と数字を書きます。
三男・三女以降は、全て数字で記入します。

離婚の種類
調停、審判、和解、請求の認諾、判決以外の場合は、協議にチェック。

婚姻前の氏に戻る者の本籍
筆頭者の氏名を旧姓で書きます。

今後も離婚前(婚姻時)の名字を使い続けたい場合は、この欄は空欄にします。別途「離婚の際に称していた氏を称する届」を、同時か3ヵ月以内に提出が必要

両親が離婚しようとも、子供の苗字は変わらないので、変えて同じ戸籍に入れたい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」が必要。

元の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかを選択。
本籍地、筆頭者の氏名を記入(新戸籍を作る時は自分)

未成年の子の氏名
未成年の子がいる場合に、どちらが親権者かを記入。

あくまで親権者なだけで、子供の戸籍は婚姻時の戸籍に残ったまま
子供を自分と同じ戸籍に入れたい場合は、家庭裁判所に子の氏の変更の申立を行い、許可を得てから入籍届が必要。

同居の期間
始めた年月は、式を挙げた年月又は、同居を始めた年月の、どちらか早い方を記入。

別居する前の住所
別居していなければ空欄。

別居する前の世帯の主な仕事
該当するところへチェック。

夫妻の職業
国勢調査のある年以外は記入不要。

届出人署名・押印
婚姻中の氏で、必ず本人の自筆署名
印鑑は別々のものでなければなりません(認印で構いません)。ゴム印不可。

証人(協議の時のみ必要)
成年者(20歳以上)2人に署名押印をしてもらいます。成年者であれば、誰でも構いません。

書いてもらうのは、氏名、生年月日、本籍地です。
夫婦で証人になってもらう場合は、それぞれ別の印鑑で押印が必要です。

Copyright 離婚届の書き方と提出先、離婚届の必要書類
無断転載、無断コピー等一切を禁止します