離婚届 勝手に提出

離婚届を勝手に提出されるのを防ぐ方法

本人確認書類、代理の委任状も不要。誰でも出せる為、意思が無くても受理されてしまえば、法律上の効力が発生します

しかも、無効にする為には調停や裁判で認めれなければいけません

離婚届を勝手に出されたくない場合は、不受理申出を行いましょう。
取り下げをしない限り、ずっと効力が持続します

離婚届 不受理申請の必要書類と手続き

離婚届不受理申出書 1通
 (氏名や住所、本籍地等を書くだけで特別な項目はありません。
 >>離婚届不受理申出書ダウンロードPDF

本人確認書類
運転免許証、写真住民基本台帳カード、パスポート等、官公署が発行した顔写真付きの書類は1つでOK。写真なしの書類は2つ以上必要です。

離婚届 不受理申請の出し方

届出人
本人のみ(原則代理人などは不可)。

提出先
届出人の本籍地、又は所在地の市区町村役場。

所在地となっている為、一時的に滞在している場所や、旅行先だろうと、提出先は全国どこでも大丈夫。(原則、郵送は不可)

365日(土曜日、日曜日、祝祭日や夜間も可)いつでもOKですが、やってないところもあるので、確認が必要です。

効力の発生はいつから?
届出により法律の効力を生ずるので、全国どこで出しても同じ。本籍地が有利等という事はありません。あくまで届出のタイミングが重要です。

離婚届を勝手に出された場合でも、不受理申出が先に提出されていれば、受理されません。不受理申出が後であれば、受理されてしまいます。

Copyright 離婚届の書き方と提出先、離婚届の必要書類
無断転載、無断コピー等一切を禁止します